profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

通行許可証<5月8日>

今日は、昨日とうって変わり、雲一つない良い天気

昨日は、永山丘陵ハイキングコースへの車乗り入れ許可の申請手続きを行う。
永山丘陵でハイキング等楽しまれている方には、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、青梅金刀比羅宮は本町の氏神様も祀られ、その例祭が毎月9・10日にある。
そのため神官の送迎やお供え物等の運搬など、月数度、ハイキングコース内を市の許可を得、車で行き来している。
普段は、入り口の策だけ解除し乗り入れるが、現在、緊急事態宣言中、鉄道公園側入り口に、鎖が設置その解除の申請を昨日行った。

普段、車両等通行禁止の市有地の道、どうやって、許可を得るか?についてを
大事なことは、まず、目的です。
金刀比羅宮は、古くからこの地にあり、境内等神社所有地、毎月の例祭や維持管理も、ここを通らずに行けない。
そのため、ハイキングコースを管理している青梅市に、このハイキングコース内の車通行許可申請を行う。
申請は、①団体名(青梅金刀比羅宮崇敬会)②目的(上述)③期日(何時から何時まで)④コース(鉄道公園口から金刀比羅宮だが、転回できる場所)⑤車両数とナンバーを届ける。
その手続きを行い、施錠のカギ借用と車両通行許可証を頂き、通行車両の前部に掲示して通る。

このような手続きを金刀比羅宮崇敬会役員の私は、毎年行い、また毎月お宮に行く。
ハイカーや散歩の方には、大変ご迷惑とは存じますが、ご容赦願います。
また、同様に、金刀比羅宮には、電気が通じている。
そのため、忠霊塔側から、電気を引き公園内に電柱を立てている関係から、市に借用許可を得(既定の使用料を払う)設置し配線している。
金刀比羅宮は、四方を市有地に囲まれる立地、過去の経緯等知る事は出来ないが、お宮ゆえそのように

市内のあちらこちらに、様々なお地蔵さんや馬頭観音、祠などがある。
それらは、信仰心の表れで、地域の方や関係者がな釣りや維持管理等行っている。
しかしながら、信仰される身寄りが少なくなど、お守りが困難な事案も
先だっての市議会でも、地域に古くから在った祠、周辺の土地開発に絡み存続の問題もあった。
それは、新たな場所へ移動等で、解決したようだが、それらからは、郷土文化を知る上貴重なものが多い。
今後、誰がどのようにお守りするのが良いか?お守りする方々の現存や神社仏閣の敷地内であるなどは良いが、人知れず無くなることは防ぎたいと考える。