profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

Archive for 9月, 2019

チコちゃん<9月27日>

「ボーと!!生きてんじゃねーよ」
NHKtvの「チコちゃんに叱られる」の定番のセリフ、今年の流行語になる勢いだ!
私もこの番組のファンで、夜8時ごろ?たまに、朝の再放送を見る。

青梅市議会決算委員会は、4日間の集中審議が水曜日に終了した。
採決は、賛成多数で可決
その中の教育関連質疑で、タイトルの「ボーッと!してたんじゃない?」が飛び出した。

この問題は、平成27年に起きた市内中学生の事故死問題報告書に関しての質疑
文科省では、平成25年「いじめ」に関する法整備が整備される。
しかし、青梅市教育委員会では、この問題を平成30年まで重大案件とせず取り扱っていた事が要因
法のガイドラインは、生徒の死亡事故に於いて3項目の視点で「いじめ」を視野に勘案するようと定める。しかし、市内の事件は明らかに重大案件であり、委員(議員)の指摘に対し、担当部長はご指摘の通りと陳謝した。
このやり取りは、私の知る限り12年の間、陳謝する場面は数度あったと記憶するが、ボーとしていたに対し、委員のおっしゃる通りの答弁、始めて聞いた。

また、この案件は、平成30年度教育関係事業の中でも特出すべき事項で、行政報告書に記載が無い理由の質疑に対し、事務点検評価に記載と答弁、質問者(議員)と担当者間で数度の押し問答
私は、市の教育に関し重大な出来事、同様案件が無いことを祈るが、後世にその対処等、行政報告書に残した方がよかったと想う。