profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

薫習<7月30日>

今日千ヶ瀬の宗建寺で、ベーシストで世界的に有名なロン・カーター率いる「ザ トリオ ジャズライブ」が開催された。
開会挨拶では、世界的アーティストが宗建寺をコンサート会場に選び16年目になったと住職
その間、何度行われたか定かでないが私は、5・6回行っている。
本堂で演奏が行われ私は、隣の広間で一杯飲みながらライブ映像を楽しむスタイル
生の音が聞きたければ外に出る。
私のジャズを楽しむスタイルは、酒を飲み飲み半分居眠りしながら聴くのが好きからそうしている。

住職は、また、挨拶で薫習(くんじゅう)良いものに触れることの大切さを述べる。
偶然この日の朝私は、BSNHKスペシャル「祇園まつり」を見た。
その番組は、鉾に飾るタペストリーを色々な角度から調査、その結果や京都の町民文化の奥深さ心意気を放映
1000年続くと言われるこの祭りは、その時代時代の宝でもある超一流の素晴らしいもの(絵やタペストリーなど)を、町民に生で見る機会を設け、町民の文化レベル向上に繋ぎ都の格式を、文化面から保持しつつ現世に繋げている。
偶然であったが、ジャズも祇園まつりも住職が言われた「薫習」である。
因みに薫習を広辞苑で調べると仏教語で「ものに香りが移り沁むように、あるものが習慣的に働きかけることにより、他のものに影響・作用を植え付けること」とある。
文化の大切さは、皆、総じて想うことであるが、時の経済状況によって最初に切り捨てられることも?

コメントをどうぞ