profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

駐車場<9月17日>

16日は、三連休中日の日曜、天候に恵まれ市内各所で、様々なイベントが行われた。
高校での文化祭、市役所でOちゃん祭、青梅駅周辺の、わけありもの市など、また、地域の祭りも
私は、車でOちゃん祭などに行く
駐車場がどこも満車状態
特に市役所臨時駐車場は、長い列ができ、係員が満車のプラカードを掲げていた。

市内の様々なイベントの多くは、普段駐車場となっている所で開催。
イベント開催は、それなりの広さが必要から、どうしても駐車場地に
また、駅近でも同様、来場者の多くが車を利用、公共交通を使って来場の訴えも同じに

第1に、イベント開催場所不足があげられるが、その催事目的が様々で、この地で開催などがある。
駐車場が問題とも考えられるが、普段使いを考えた駐車場経営
それらを含めイベント主催者側は、来場者用の駐車場確保を考えるが、どうしても大勢の来場を望み、駐車場確保とのバランスからの考察が乏しいのも実情である。

因みに、青梅宿アートフェスの駐車場確保策は、市臨時駐車場などを借用、以前はシャトルバス、今は人力車などで一寸遠くの利用者の便宜を図る。また、他の催事同様、関係者用や月極の代替確保に苦慮している。
20万人の人出があった今年の青梅大祭、市外からの来場者の多くがJR利用と考えられるが、臨時駐車場確保策は、学校校庭など借用するが、絶対数が足りない実情となっている。
また、私は、町内などの月極駐車場の代替や関係者用の手配が長い、何時も事前はWブッキング状態、当日どうにかなるを続けている。
このような裏事情がある事とイベント主催者側は、来場者用の駐車場確保に尽力とともに、其の難にも負けず、来る価値あるイベントを目指している。

話は変わるが、明日18日から4日間、我娘が、皇居の勤労奉仕に行く。
私は、正月の一般参賀も行ったことが無い
来年は、平成最後の正月、行ってみようと考える。