profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問

全協<12月11日>

休み明けの11日月曜日は、市議会補正予算審議と全協が開会された。
補正予算審議は、国等の子育て支援策等の強化などによる補正で、30分ほどで全員賛成で終了
引き続き全員協議会が開会された。

市長提出事項は、10項目で、それぞれ質疑が行われた。
1・市長のフランス出張報告
フランスで行われたカヌー世界大会に出席し、2020東京大会の練習場として御岳をアピール
既に数か国の関係者が青梅を視察に訪れる
2・吉川栄治記念館、当該施設と収納物を所有者(管理運営含む)は、市に寄贈の申し出、その回答を来年3月まで、について
市では、その対応にプロジェクトチームを組み観光や文化、また、公共施設総合管理面から調査の報告。
議員の意見で吉川英治氏は、名誉市民であるだけでなく観光や文化面から貴重な施設や資料であり贈与を
負担付贈与は、議会での議決案件であり、その報告が9か月も過ぎたことについての苦言があった。
3・火災発生時の防災行政無線放送について
市民から「うるさい」などの苦情から、来年4月から施行的に支会等の単位で放送の報告
議員からは、他地域での察知が難しくなるなど反対意見が続出、私も行政無線放送は消防従事者だけでなく市民全般に知ら占める役割ゆえ、それらの考慮が必要と述べる。
4・国民健康保険広域化の概要
5・後期高齢者医療保険料の改定
6・青梅マラソンとボストンマラソンとの交流
7・粗大ごみ収集の委託化
8・第1期青梅市障害児福祉計画の策定
9・西東京バスの一部路線廃止及びJR青梅線の一部の駅における自動券売機撤去
10・青梅市中央図書館利用者への駐車場1時間無料サービスの終了
の報告があった。

各項目重要な報告で、それぞれ活発な質疑が行われた。
9については、市民斎場行バス路線の廃止で、日平均6名乗車から3名が斎場にバスを利用している。
市では、この路線と河辺下のバス路線新設を画策、河辺下のバス運行のめどが立たず、斎場行き路線に年間250万円の助成を行っているが、費用対効果からバス会社の提案を受け入れる。
JRの件は、各当該駅から乗車券の発券で対処とのこと
10については、日に167台の利用で、来館者数の8%強、他市より車利用来館者も多くみられるなどか終了理由。
障がい者の車利用は現状通り、また、ホールで不在者投票の対処も同様
この対処効果は、約800万円強あり、市内各学校に、その資金を活用して図書館秘書を週一配置する
この報告に議長は、2つの報告でよく精査して提案するよう述べる
私も同様と考えていた。

以上、長くなりましたが全協の報告です、
記述の無い部分も重要であり後日記述します。