profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

30時間の思考<6月30日>

今朝は、何時もより1時間ほど寝坊した。
今日は、毎日を慌ただしく過ごし、アッと言う間に今年一年の折り返し
昨日ブログが更新出来なく、すみませんでした。
一昨日午後から、30時間を休息に充てた。

妻の退院後昨日で、一週間経ち、市議の仕事を主に、毎日の介護生活も少し慣れてきた。
慣れは、リズム、当人の体調を見ながら日々の生活を規則正しく過ごさせる。
一週間の妻の生活は、デイに二日、ショートステイ1泊を入れ、残りが私の役割。
慣れてきたとは言え、まだ、一週間、試行錯誤しながらである。

一昨日、9時45分にショートの迎え、始めてから資料片手に持ち物など前日準備、当日確認し見送る。
帰宅は、翌日午後4時頃の連絡を受け、約30時間の介護から離れる時間が持てた。
そこで午後、若い頃よく行った伊豆に電車で出掛ける。
近頃、以前車の運転を仕事にする位好きだった運転だが旅は、酒が飲める電車など公共交通利用が一番と思うようになった。
旅は、スマホ活用がとっても便利で、食べ物や店の売りを含め旅館の予約だけでなく、交通手段や所要時間など全て、その場で対応できる時代となっている。

今までは、何をするに、どの位の時間が掛かる考え方だったが、時間を元に行動する思考が無かったことに気付く。
今は、まだ、この思考、どうのこうのの思い浮かばないが、きっと、役立つ気がする。