profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

Archive for 7月, 2019

近況<7月27日>

各団体の総会も終り本年度事業推進に向け動き出す。
今日は、幾つかの団体会議に出席、気になった事柄を
始めに、先週末行われた会議所総会は、秋の議員選挙に向けた総会で、副会頭の人事変更があるようだ!
因みに会議所議員は、会員会費と別に、議員費を払い役職に就く。
したがって、会議所職員は給与があるが議員は、ボランティアで地域経済の動向等担う。

また、25日の青梅法人会役員会では、余談の中で食品業者の殆どが中小零細企業「味の素」が突出しているが、有名なS&Bやマロニーちゃんなどでも年商数千億円程度、したがって、大手に目を付けられない工夫に気を使うなど、現場の状況を伺い知る。

また、昨晩、この秋開催予定「青梅宿アートフェスティバル」の会議を開催。
テーマは、「令和元年 西の猫街祝宴」の予定
そこでのメイン催事は、猫と祭りをテーマに、チンドンとサンバパレード、猫アーティスト「まおさん」のライブペインティングを予定
各町催事は、祝宴をテーマに趣向を凝らした催し企画を次回までに考案
空き地や店舗を活用した「猫一猫座」「あるって おうめ」などの提案
次回は、8月10日に予定、詳細等の検討に入る。

また、一昨日の新聞は、大船渡高校の甲子園予選決勝、佐々木投手が出場しなかったことが一面に
私は、この試合を、BSで途中から見ていたが、どうして出ないのか疑問を持っていた。
元巨人の桑田氏も以前から、投手生命を考えた投球数などの規制を述べているが、それとは別に、私は、高校球児にとっての甲子園、あこがれで、それを全力で目指したことが人生・自身の誇りとしていつまでも残る。
本人の意思なら仕方ないが高校球児は、出場しない判断は無いと思う。
監督を擁護する意見もあるが、今後大リーグで活躍してもダーティーのイメージが付きまとう。
それ以上に、高校野球は、通過点の考えが浸透を憂う。少年野球を含め球児への影響やそれらの監督の指導にも影響が考えられる。
また、京アニ放火は、大変痛ましい事件で、被害にあられた方のご冥福とお見舞い申し上げます。
私は、これを期に、身の安全など安全対策の再構築が必要な時代になったと考える。
世界で一番安全な国、日本と言われ久しく、安全・安心は、行政や地域などで担えなくなった認識が必要となってきた。
以前私は、よくペルー国に行った。
そこでは、マンション・学校・工場など、自営の警備員が小銃を携え警備する光景を見てきた。
日本でも大手工場は、入退時のチェック等行っているが、大小を問わず、そのような取り組みが必要な時代に入ったと、この事件を見聞きし思う。