profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

Archive for 5月, 2017

環境建設委員長<5月30日>

30日青梅市議会では、各種委員会を開催、正副委員長など決定した。
最初に予算決算委員会が開かれ委員長に鴻井氏、副に島崎氏
引き続き同理事会を開催、私は、予算決算理事では無いが工藤氏が
その後、全市議各々8名づつで構成される各常任委員会を開催、総務企画に「鴨井氏」が、福祉文教に「結城氏」が委員長に
私が所属する環境建設は、私榎澤が委員長に就任した。

委員長の互選は、始めに暫定委員長(年長議員と決まっている)が選出方法の意見をの問いかけ
指名推薦の意見
それが決まると、次にどなたか推薦の意見を求める。どなたかが推薦人を
暫定委員長が、‥氏が推薦されます、他にございませんか?の問いかけ
無いようですので、‥氏を委員長に決することについて意義ありませんか?なしの声
‥氏が委員長に決定しました。

この一連の流れで各委員長が決定する。
5月の議長選出から始まった各委員長などのポストに関わる人選
人柄や会派間の調整等が実を結んだ結果である。

話は変わるが今日一日、私は大変体調が悪かった。
昨日の夜の食べ過ぎが引き金?
この一週間、毎日、暴飲暴食、睡眠時間減が続いていた。
各種総会の懇親会やプライベートでの会食など
そのようなことから、30日は、朝から何も食べずにいた。
昼は、会派の仲間と食堂へ
私は、青梅豚の「かつ丼」が食べたかったが、「うどん」を注文
それも、スープしか食べれなかった。
食堂のご主人すみませんでした。

夜は、観光協会の総会懇親会に出席、そこでも同様であった。
しかし、観光協会の総会は、各界トップと若手も多く出席され、今後の青梅市産業の中枢になる予感
そのよう感じたのは、青梅市観光協会の尽力が大きく作用していると想う
市長・議長を始め来賓の代議士・都議・会頭がご挨拶される
それぞれ、今後の発展・振興に期待と応援のお言葉を述べられていた。
産業振興は、民間事業者の動向に左右され、それが客観的にも効果判断に繋がる。
そこで行政の役割の重要さは、それら事業者の動向が、市の掲げる将来像に向かい機能するよう仕向ける。
したがって、地域資源(宝)活用と事業者の意向に沿った将来像が基になり、間に立つ協会の役割が重要なのだ

それらを含め、常任委員会「環境建設委員会」は、まちづくり経済部、商工観光や農業・梅の里など産業振興も管轄している。
各委員の意見を基に、協力して、より良い青梅市になるよう議会としての機能発揮を志す思いを新たにする。