profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

Archive for 4月, 2017

東青梅1丁目諸事業用地<4月25日>

4月27日、公共施設等再編特別委員会が開催される。
それに先立ち、24日東青梅1丁目地内諸事業用地等利活用構想策定、企画提案書が送付された。
東青梅1丁目諸事業用地は、ケミコン跡地の仮駐車場や隣接する市施設がある場所
その地の利活用を長計や都市計画マスタープラン、公共施設再編計画などに則った構想の企画提案書

その提案書の審査が特別委員会開催の主な内容から熟読している。
概要は、当該地に職安などの国・都の施設、福祉センターなどの市の施設、また、市民ホールをこの地に設けることについて、市民の意見をお聞きするため構想を明示する必要から
市民からの意見募集は、市の将来人口や財政状況を鑑み、また、市民会館大ホールが無くなり代替え施設の必要性
運営面からは、施設の管理運営や費用対効果、街づくりや経済効果の観点を含め広範囲に渡る。

個人的には、この企画提案書よくできていると想う
民間企業らしい行政にこうあって欲しい式の企画提案仕様となっている。
この提案書を受理した市の担当、相当な覚悟が必要だったのではと憶測する。
経済効果や所管をまたがる利活用、街づくりの具体的な将来像など、今まで示さなかった事柄が入っている。
提案者は、行政の意向を検討など、変更の余地が垣間見えるが、かなり思い切ったものである。
27日の審議は、その辺り、市の具体的な将来像やまちづくりの目的意識、政策システムの取入れなど、私が数回一般質問してきたところである。