profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

Archive for 5月, 2016

会議所<5月27日>

今日は、青梅商工会議所173回議員総会に出席する。
懇親会には、浜中市長を始め多くの来賓の方々も出席されアットホーム的な催しだった。

議員総会は、会議所議員の総会
議員は、1・2・3号議員からなり総数100名
号分けされているのは、役職と会費額が異なる。

市議会議員との違いは、市議は議員報酬があるが会議所議員は無く、資格審査を経て逆に会費を納め議員資格を得る。
私は、会員会費とは別に1号議員で年6万円位の会費を納入する。
一般的に言う平議員、会社に例えると一般株主、したがって、会議所の直接的運営に携われず、この職に就くことができる。
任期は、1期2年、私は、5・6期目?

以前は、元市議一人が会議所議員で居られ、ご一緒させて頂き色々勉強した。
その市議は、その後市議会に立候補せず、以来、私一人残っている。
会議所は、市からの委託や受託事業を手掛けていることから、定期的に市執行部や担当、議会とも会談の場を設け実施している。
今定期総会は、平成27年度の事業報告と決算審査、満場一致で承認された。

また、会議所会員は、様々な部に分かれ会員になっている。
商業や工業、サービス、観光など、部会ごと活動、委員、委員長の関係も報酬が無いことから、フラットに、ちなみに私は、商業部会である。

しかし、部会活動は会議所事業のほんの一部、本体は、受託事業と収益事業など、会議所職員が業務に従事している。

私は、会議所の担うべき役割は大きいと考えている。
各種検定や製品の履歴証明が役割だが、市の産業、経済の実情を把握できる立場の活用が、今後の青梅市の浮沈に大きく関わると考えるからだ!
来賓挨拶で市長も述べられたように、市と会議所の連携を強化し青梅市の発展のため、その任を担うよう市議として内部からも含め改革を模索している。