profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

Archive for 9月, 2014

9月議会<9月27日>

26日の金曜日9月議会決算審議最終日は、総括質疑も夕方6時前に終了、採決の結果賛成多数となった。
後は、10月1日の本会議で、各常任委員会の審査結果報告とそれに対する賛成反対討論の後、採択される。

青梅市議会も全国的な流れ同様、市長提出議案と若干の議会提出議案は、賛成多数や全員賛成で可決されることが殆どである。
それは、一つに議案として市長が提出に至るまでに各担当のなかで様々な想定や根拠等の正当性など考え提出され、それを議員が各常任委員会に於いて、市民目線、立場等から質疑・審議し結論を導く。
したがって、例えば石橋を渡る・リーダー資質が認められる・等、そのような市長が就任している自治体が殆どであることが要因であろう。

今日は、市主催の敬老会が体育館で、また、1小の運動会も晴天の中、行われ参加見学。
午後、碁会所にも行く。
そこで思わぬことを言われた。
それは、えのさんの碁は、読みだ!それが定石に適ってきている。
私は、「ハッ」とした。
今まで誰からも言われず、自分も気付いていなかった。
しかし、全てそのことが前提で行動していたことを見抜き気づかされた思いからだ。

議員としての活動のなかでも特にそのことを注視する。
様々な情報は、客観的判断に用い
多くの方から意見等伺い、その中で自身が判断する。
今までなかった自分の性格を気づかされた日だった。