profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

Archive for 11月, 2013

国旗<11月17日>

青梅宿アートフェス2013は、天候にも恵まれ盛況に終わる。
私の役割は、全体の会計処理や補助申請に絡む事業報告作成等ゆえ、まだまだ事務処理などが残っている。

また、本町地区で行った国際交流広場を担当。
そこでの文化の違いと言うか、私の認識不足からの一寸したエピソード。
今年の国際交流広場は、アメリカ(USA)をメイン行い、会場や舞台の装飾でそのことが起きた。
星条旗を舞台正面に飾った。
それは良かったのだが、州旗なども借りてあったので飾ることにしたのだが、その飾り方に問題が起こる。
星条旗は、国家のシンボルでその扱いを大切にする。
星条旗より上に位置する処には、いかなる国旗の掲揚をしてはいけない慣わしのようだ!
万国旗も同様から、星条旗に被らない工夫を行う。
州旗の中にゲイを象徴する旗も混ざっていたことから、どれがそれか解らず飾り付けを辞めた。

多くの方からその指摘を聞いたわけではないが、アメリカ人は、国旗(星条旗)を大切にする文化があることを強く感じる。
よく、ニュースなどで、国旗を燃やすシーンの放映を見るが、自国民にとっての国旗は、国の象徴なのだろう、日本との違いを感じる。
また、音楽のカントリーとブルーグラスの違いも聞く。
一寸したことだが、随分長いことこの催し国際交流広場を開催しているが、毎年何らかの文化の違いなどに触れられ、やって楽しい催事だ!