profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

Archive for 3月, 2013

お知らせ<3月30日>

約一か月間の3月議会が27日終わる。
28日は、新年度から地方自治法の改正に伴う政務調査費から政務活動費に名称変更に伴う使途基準の見直し協議が28日に行われた。
既に5回行われているが、あと数回で終了し議長に報告するための協議です。

さて、ここ数日間のニュースから
1・宮城県女川町からの震災ガレキの受け入れ処理について
皆様方のご理解の基、羽村市にある西多摩衛生組合は、その処理作業が3月22日の最終便を最後に終了。
受け入れ日数:131日
受け入れ量:1,427,32トン
最初の予定より約1,633トン(約53%)減少したが、女川町での組成分析等により精査され3分の1程度になった事などがその要因です。
また、災害廃棄物処理に伴う周辺環境への影響については、前後を比較した状況から、影響はなかったものと判断しています。と、同組合議会議員を兼ねている私の所に報告がありました。

2・立川断層について
28日付、読売新聞夕刊の一面に記載されていましたので、お気づきの方も多いと思います。
「横ずれ断層」は、誤で、セメントと岩と勘違いしたそうです。
2月初旬に行われた現地見学会に私も参加し東大の先生から懇切丁寧に「その部分を強調し説明され」たことを思い出します。
その時は、粘土質の岩石と表現したが、コンクリの打ち込み残骸と見間違いされたようです。
東大の先生方でも単純な間違い、勘違いをすることが解ったこと。それを見抜いた現場(建設作業経験者)経験者の学歴に惑わされない眼力に敬意を称します。

3・ペルー料理と日本酒の会
西の風新聞29日号に表題の催しが4月13日(土)夜6時半より行われる記事が載りました。
西多摩・中南米友好会の主催、私もこの会の一員是非ご参加ください。
参加希望者は、私の携帯電話でも大丈夫です 090-1918-4182