profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

カテゴリー『その他』

総会<5月25日>

24日青梅市商店街連合会総会に出席した。
会議所内で開催され、29年度事業と収支決算、役員改選と事業計画等すべて原案可決した。
合﨑会長が率い10年余、新会長に(協)東栄会理事長久保家電代表が選出された。
合﨑氏は、商協理事長も長く経験、青梅市の商業団体トップを担っていた。
また、次年度事業は、hpの開設や加入促進事業など予定。
そこでの私の役割は、事業報告や次年度事業計画案づくり
都の施策要綱や市計画など、事前調査等を基に作成する。

25日は、会議所の通常議員総会に出席した。
商連同様提出議案の説明、上程された議案全て承認可決された。
両方の総会に会頭が出席、この種の総会は、年度の区切りで恒例、その後開催される懇親会も重要で、次年度以降活動の基になるアイデアや意見交換など、団体の活力の源になると祝辞で述べられた。

私は、市内産業の繊維や観光業者と隣り合わせたこともあり、その業界の話を伺う。
来賓に市長・議長・担当部長の他、奥多摩町関係者や各官庁、都議等出席されていた。

以前は、市議だった山崎氏も会議所議員で出席されていたが、今私だけのよう
地場産業は、地域コミュニティー同様、生活基盤に直結することからまちづくりの骨幹である。
先だって視察した南三陸町、震災復興を急ピッチで行っていたが、地域コミュニティー創出と地場産業創出振興を念頭に高台移転等まちづくりが行われていた。

市内の産業振興に関わる行政の役割は、国や都の方針を受けて施策の行使が主になっているが、市は施策が直接各種業界等に影響が及ぶ基礎自治体、それら団体等の意向、地域性を考慮した方向性や策の構築と都や国等への要望、要請ができる。
それらから、中間的立場の会議所や商連などの業界団体等との意見交換や連携協力の強化が重要と私は考える。