profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

Author Archive

水の公園<8月11日>

山の日の昨日は、前日、金比羅様の例大祭に参加、一寸と言うよう大酒を飲んでしまい記述が出来なかった。
今朝は、快調、天気も上々、大岳山も良く見える。

昨日は、二日酔いだったが、孫の勉強をいつも通り朝8時より見る。
ゴルフも、松山選手の最終ホール、ダボを見届けながら、1時間ほど昼寝と言うより朝寝。
その後、自転車で釜の淵の水の公園周辺を見に行く。

先週車で行ったが駐車場が満車、結局歩いて行くことになったから自転車で
12時前後の水の公園は、随分沢山の人出である。
徒歩で、鮎見橋から柳淵橋のコースを
バーベキューをしているグループもあったが、私の見た限り直火ではなくコンロを利用していた。
川遊びは、天気に恵まれ川も澄んで、楽しそう
公園内で行き交う人は、聞いてはいたが、外国の方が多く、見た目で、また、話し声で、半数位の感じがした。
閉鎖している駐車場は、係員3名が対応、近隣駐車場への案内など忙しそう
河原は、釜の淵駐車場から下流域に策が設けられ、市の看板と国交省の看板が立てられ、中での注意事項が掛かれていた。
私が気にした看板の内容は、国交省はコロナ禍の注意を、市は近隣住民へ迷惑が掛かるの趣旨で、悪臭や花火、騒音に対する注意書き

今回の調査から私は、これほど在留外国人に親しまれれる魅力の検証、また、市の経済対策、観光がこれからの青梅市を支える基幹産業の考えと住民との共栄の指針作りが喫緊の課題と考えた。

市の対応は、全てにおいて「どっちつかず」その場しのぎに見える。
この地域を観光拠点とする考えは、随分前からあった。
市が独自で行おうとするから、このような事が起こる。
青梅大祭も同様、毎年朝5時からの振れ太鼓の音で、警官がやって来る。また、歩き難いや交通規制を問題視する住民がいるが、それぞれ対応している。
したがって、地域住民の総意や力のある民間事業者との連携、また、市がシッカッリした将来ビジョンを設けることで解決できると考える。