profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

Author Archive

参議院選挙<7月4日>

参院選が今日告示、昨日NHKでは、日本記者クラブでの党首討論を放送、じっくり見させて頂く。
最初は、各党首が安倍総理など回答者を指名、後半、5名の代表記者が、各党首に質問する形で行う。
消費税や年金問題、憲法改正や国防関係、経済政策など

私は、党首間のやり取りなど聞き、何か的外れと言うか、質問のすり替えが多いよう聞こえた。
多分、そう思った国民も多かったのでは?
どうしてそうなる?定かで無いが、選挙を控え自党のマイナスを避け、主張すべきを伝えるに徹した。
これで良いのか?
綺麗ごとを並べるのではなく、日本の将来をどう導いて行くを真剣に議論して欲しいと願う。
選挙戦に勝つ!あからさまに見えた。

このはぐらかし質疑は、議員だけでなく、行政職員にも通ずる気がしてならない。
市民意見に対する行政の取り扱い
本来は、市民意見に謙虚に耳を傾け実現できるよう考えるが行政職員の務め。
しかし、他への盥回しや出来ない理由など並べることも多々あり、市議の務めで、そうならないよう担当課長に申し入れている。
参議院選挙は、21日、どの政党支持?自身、また、日本の将来に良いか!よく考えて選挙に臨んで下さい。

また、今週は、商店会の総会準備で、毎日忙しく事務書類作りに励んでいる。
老人会を始め各種団体等の会計や事務書類、ましてや公金(補助)活用団体は、簡単でない。
補助金等の活用無しで事業を行うに越したことは無いが、地域まちづくりや文化振興関連など、自主事業として継続実施するは困難。また、公金活用は、目的や必要性、使途など、行政独自の要綱等がある。
それらを踏まえた公金活用、双方の言い分が解り、沿う形の事務書類作りを行っている。