profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

雪化粧<3月15日>

今日は、窓から見える大岳山が薄っすら雪化粧している。
しかし昨日は、天気予報で雪マークが有ったが、まさか降るとは?
雪の思い出は、農林の卒業イベント、出来立ての市民会館でこの時期行い2年続けて膝下位雪が積もった
また、昨日は、首相の新型コロナ対策の記者会見と東京での桜の開花宣言があった。

記者会見は、新型コロナの対処を様々な分野に渡り話す。
主な要点は、今は緊急事態の状況で無い、五輪は開催したい、緊急経済対策を行うが具体策?、学校関係、等々
学校関係で報知新聞は、卒業式は安全に配慮してなどの意見に、尾木ママなど教育関係者が激怒の記事
卒業式は、既に終わった学校もあり、今更安全に配慮して行う、また、児童生徒は公園等外遊びを、外に出ないよう指導してきた などから
私もこの部分を聞いて、おかしな話をするなと感じていた。また、何か地方行政に責任の転嫁が感じられる。
最後の記者との質疑は、質問に対し正面からの答えになって無いよう感じ、何が答えなのか解らなかった。

現在、青梅市議会は、予備日で、様々な用事で日に一回位役所に、また、来週の予算委員会の準備などをしている。
予算委員会は、様々な分野のなか、今まで見聞きした施策が、次年度も更に市民のために繋がるや法等に沿う、また、財政面等から考察した考えを基に管理職に質疑する。
そこで、実情把握や過去の予算との比較、施策根拠から長計や各種計画など、また、条例等と照らし調査する。
今は、繰入金の使途や駐車場料金、商店街振興などを考えている。

コメントをどうぞ