profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

開会式<2月16日>

昨日午後1時から体育館で「青梅マラソン」開会式に参加した。
1時間ほど前に着き近所で昼食、そこで開会式の司会を務めたランニング好きな女性タレントのトークショウがあったと聞く、その後、特設売店などを一回り「ゆず饅頭を食べる。
会場入り口には、多くのランナーが受付の順番待ちで列が
会場内には、30分ほど前に着いたが、3中の吹奏楽の演奏が行われていた。

開会式は、青梅マラソンの歌から始まり、お決まりの主催者や来賓の紹介と挨拶
選手宣誓が行われ30分位で終了した。

色々な開会式などの式典に参加させて頂いているが、非常に良くできていたと思う
プロのプロデュースによるものか定かでないが、司会者の人選や参加者の顔ぶれ(高橋尚子や沢穂希、国民的ランナーや箱根駅伝で活躍された方など)誰もが知っている方の登場で華やいだ式に
中でも、私は特に良かったと思ったのは、審判長の新記録への懸賞金を含めたルール説明、素人らしく、しかも、ユーモアも交えた説明がなぜか気に入った。

多くの式典は、それぞれの役割に尽力された方々の挨拶が在り、議員などが祝辞等述べる。
今回は、多くの来賓や主催者側の方々が参列していたが、挨拶は、それぞれ代表者としていた
この式典は、ランナーのため、また、この大会を開催する関係者の意気を盛り上げるためなど
奥多摩駅伝開会式と比し観客が多かったのもうなずける。
資金面もあろうが、何のための開会式か、また、来賓の挨拶など考える時代に?と思う

コメントをどうぞ