profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

大相撲<1月15日>

大相撲初場所が始まった。
私は、朝4時5分からNHKのダイジェストで見る。
贔屓の力士は、高安など、体中が毛むくじゃらでフィリピンの血を引くと聞く。また、朝の山も正統派で強く興味を持って見ているが、勝った負けたはあまり興味は無く、良い相撲が好きだ!
その中にあってモンゴル勢が凄い、白鵬は強いが年齢的な限界?、鶴竜は小さな体で頑張っているがいまいち、今一番気にかかるのが照ノ富士、以前幕内上位、憎たらしい顔つきで強く印象深かったが、いつの間にか居なくなる。糖尿病などを克服したと聞き、十両の下から2番目まで這い上がってきた不屈の根性の持ち主、頑張って欲しいと応援している。

さて 今日は、青梅市議会議会運営委員会(議運)が開かれる。
先の12月議会の一般質問が議題
「浜中市政、2期目の市政運営の心構えについて」
ー今回の市長選挙を振り返り、その経過、結果を踏まえてーがタイトルである。

議運を開催する理由は、12月24日開催の議運で質問者の発言内容が、不適切では無いかの意見があった。
その場の質疑で議長は、質疑の詳細を把握しておらず、議事整理が出来なく議事録が作成され次第、再考すると意見を述べたことから。

私が考える問題点は、質問者が一般質問の場(傍聴者も多くTCNがライブ中継)で、誹謗中傷に値するような、また、プライバシーを侵害するような発言があったこと
また、議長は、それに関連する質疑が無い様感じられたが、それを聞き流す。また、議会としても地方自治法などに則りその検証を行う必要がある。

今後どのように推移するか解らないが、一般質問の意見陳述内容は、それぞれ法や根拠の裏付け調査などを行い発言する。
したがって、議員の発言は、当然自身(発言者)の主義主張を含め責任を持ったものであるが、撤回等の道も設けられている。
また、議長は、議事進行・整理の権限が与えられる役職から今回の議運開催と考える。

私も12月議会で今回の市長戦をタイトルに一般質問を行った。
質問は、資質について直接触れなかったが、そのような対立候補者と半ば接戦、批判票の言い回しで今後の市政運営にどう生かすか程度に抑えた内容としたが、インパクト無く反省もしている。
資質に触れると、その根拠を示さねばならなく私にはできなかった。
しかし、選挙期間中は、確信の持てる根拠を示し同主旨で、有権者に訴える。

コメントをどうぞ