profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

<1月13日>

今年のだるま市、小雨が一寸パラついたが、日曜日と重なり大勢の人出で賑わった。
毎年思うことだが開始時間の午後1時前は、関係者以外人通りもないのに、30分後には人で溢れる。
とっても素晴らしいことで、この開催時間が、お客様に浸透して頂いた結果と見る。
私は、主催者側の一員としてこの催しに40年程携わってきた。
嘗ては、夜10時近くまで露店が営業、片付けや掃除を見守り毎年午前様に
この時期は、特に寒く大変だったが、二十年近くになるか?多少の変動はあったがこの時間に定着する。

この時間に定着するまでは、お客様や露天商からの苦言を数多く聞く。
仕事帰りや午前中に買えない、商売にならないなど
昨日は、その辺りの苦言は、一切聞こえなかった
曜日のせいもあると思うが、定着したと思いたい。

さて、良い事ばかりの「だるま市」ではなく、幾つかの改善の指摘もある。
大きい課題としては、トイレの増設、ゴミの費用負担問題、各商店の店頭売りがある。
トイレは、費用負担をどうするか
道路等のゴミは、今のところ露店業者が自主回収や清掃を行っているが、年々増加傾向にあるお客様への対応など費用負担を含め今後の課題
各商店の店頭売りは、商店街としても絡み現実の直視の必要がある。
露店出店が賑わいを創出、催事効果としてあり、既存商店の奮起などを含め道路使用許可権者や保健衛生から保健所などが絡みバランス感を持った対策が入用となる。
それら今後の課題解決に向け、現場主導の面から、意見具申や解決を模索する。

また、昨日は、永山公園で出初式が開催された。
私も参列したが、昨年は、市内火災件数焼失面積が最少を記録と話す。
これは、火災予防など地元消防団の活躍と併せ各人・家庭での取り組みの結果と考える。
以前は、タバコの火の不始末や放火が原因の一二を争っていたが、近年、たばこの原因やはだか火の話も聞かなくなり、放火も厳罰が行き届いた結果、併せて、様々な器具等の性能が良くなり出火が少なくなったと考えられる。
昨日始めて、2-5部千ヶ瀬消防団の賀詞交換会に行く。
明日は、成人式がある。

コメントをどうぞ