profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

アナウス<4月17日>

選挙戦も中盤に入り、街宣カーで主義主張を訴えておりますが、聞き取り難さからこのブログで内容を紹介します。
「市民の 市民による 市民のための市政」
お風呂廃止の苦情など、今市政に対する苦言や要望が多数寄せられています。「えのさわ 誠」は、3期12年市議を務めさせて頂いておりますが、前代未聞の様相です。
これは、市民を蔑ろにした手法、市民意見の軽視や情報の提供不足など、体制・システムの問題と捉えます。
その問題解決には、大改革を行う必要から、大変革期としました。
「市民の 市民による 市民のための市政」市民主体の当たり前の姿に戻します。市民第一に考えます。明るい未来、市民にとっての輝く未来を創れるのは、皆様のお力です。「えのさわ 誠」皆様とともに全力で取り組みます。「」にお力をお貸しください。「」に働かせて下さい。「」にご支援賜りますよう お願い致します。

「産業・経済」
「」は、皆様の期待に応えられる議員として、3期12年、皆様方に支えられ、ぶれることなく務めさせて頂きました。「」は、市議会環境建設委員会長など、歴任、市の環境政策や経済、防災計画づくりなど 皆様の期待に沿う活躍が出来たのも、ご支援下さった皆様方があったからこそ、成し遂げられました。4期目を目指す「」に、重ねてのご支援宜しくお願い致します。
「」は、地域経済の発展を最重要に取り組みます。
地域経済の発展無くして、まちの安定は無し「」は、青梅商工会議所議員として、また、市内商店街を長年牽引の実績があります。「」に任せて下さい。「」は、市内の産業、特に観光や未知の魅力あふれる市の森林活用を地場産業として育てます。「」に、力強いご支援を賜りますようお願い致します。
「文化・スポーツ」
「」は、青梅金毘羅様復興や街なかイベント、特に音楽や国際交流など、幅広い活躍をしています。
「」は、国宝が2点ある青梅の魅力向上には、文化の発展・継承と考え、青梅大祭を始め地域に根付いた文化を大切にします。また、ソフトボールやバドミントンなどのスポーツ、囲碁・将棋など、趣味を活かし、スポーツの重要性を認識しております。
「」は、市民一スポーツの推進、施設の充実など、より元気に 高齢者にも役立つよう、スポーツの推進を図って参ります。「」に心強いご支援宜しくお願い致します。
「福祉」
「」は、障害を持つ家族が居ります。また、98歳の母の介護を行ってきました。「」は、障害を持つ子の父、など、実体験をもとに、社会福祉の充実・在り方を当事者目線で、取り組んでまいります。福祉にも明るい「」にお任せください。
「喫緊の課題」
「」は、今必要なこと公共交通、特にバス路線の充実と捉えています。高齢化社会が進み、病院や集会場に行く足の確保は死活問題、行動範囲を狭めるだけでなく、買い物難民や中心街の賑わいづくりにも欠かせない問題です。「」は、この問題を真正面から取り組みます。「」に心強いお力を頂きますよう お願い致します。
また、「」は、スローガンの一つに 青梅駅前にスーパーマーケットを、青梅駅前に地元スーパーが閉店して久しく、地元の人たちだけでなく、多くの方達にご不便をお掛けしております。「」は、この問題解決を駅西側再開発を早期に実現し、スーパーの出店を組合と業界に、全力で働きかけると同時に、市が絡む2階の公益床問題解決に全力で取り組みます。「」に働かせて下さい。「」の活躍の場を与えて下さい。「」に期待して下さい。皆様方が期待するケミコン跡地に建設予定の市民ホール、市民が誇れる施設が望まれています。平土間式構想が文化団体連盟などの指摘等を受け、構想が見直されることとなっています。「」は、この問題、市民会館を壊す前から考えるのが当たり前と考えます。「」は、このことより、ppp/pfi手法を取り入れる構想が、より重要な課題です。その議論を後回しすることが無いよう、完成が遅れることの無いよう、しっかりチェックします。「」ご期待ください。
「まとめ」
行政の大変革期に於いて必要なこと、やるべきことは、市民一人一人が立ち上がることです。「」は、ともに考え行動します。「」一人だけでは成し遂げられません。市民、一人一人が身近な課題から取り組み、自分たちのまちは自分たちで創る気概を持って、今こそ立ち上がろうではありませんか?「」は、皆様の見方です。「」に、任せて下さい。「」は、やります。やり遂げる自信を皆様方から12年間与えて頂きました。その経験を活かす場を与えて下さい。「」最後のお願いです。「」と一緒に市政を自分たちのものに取り戻し、明るい未来、誇りの持てる郷土、青梅市を一緒に創りましょうではありませんか!「」を宜しくお願い致します。

ばしょうへの移動

コメントをどうぞ