profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

観光戦略<3月20日>

市内中学校の卒業式が20日行われ1中に出席した。
この時期、体育館内での式典は、寒さへの防御が欠かせないが今日は違った。
卒業証書授与など約2時間半、厳粛に行われた。

終了後、吉川栄治記念館の公開が今日で最終、吉川英治氏嘗ての秘書の娘さんと見学に行く
また、母の実家が隣で、小さい頃(60年以上前)生け垣をかき分け入ったことは覚えている。
隣の母の生家へは、年数度は行くが、記念館を見るだけで、有料になってから始めてである。
長男の栄明氏夫妻と挨拶を交わし近況等伺い、記念館や庭園を見て廻る。
記念館は、築40年ほどだが、古さなど感じさせず、また、母屋も庭も手入れが行き届き、今更ながら立派なものと感心した。

今、この記念館等を市に寄付の申し入れがあり、受け入れるかについて調査等している。
課題の一つは、記念館運営に年2千万円弱の補助が必要?や誰が運営、また、市の文化・観光拠点として、総合的な施策連携など内部調整も必要となろう
また、遺品等の財産の確認等行っていると聞く。

浜中市長は、重点取り組みの一つに、吉野梅郷地域のウメ輪紋ウイルスPPVからの復興を掲げ、梅の公園等「梅」の苗木などの植栽を行っている。
また、それに伴いイベント等を行い、吉野梅郷地区の観光産業復興を後押ししている。
しかし、街道沿いの梅園は限りなく少なく、梅の公園の華々しさが戻るには時間が必要と想う。
また、長期的視野、近年の観光戦略は、点から面と言われ、梅の公園から即清時、吉川栄治記念館、その先の拠点も含め、山沿い観光ルートを創るぐらいの発想を持った計画構築を私も望んでいる。
即清寺や柚木の森林組合様は、古くから林道整備に力を注いでいるのが感じられ、また、梅郷地区も同様で、北側斜面だが、上手に計画的な観光地化戦略作りから官民連携で始めることを期待と同時に応援したい。

予算審議が昨日終り、市財政のひっ迫状況も明らかに
詳細は、後日記載するが、歳入で市の土地活用を私は質疑、それら財産活用から歳入増を促す方策があると考える。
それら財政面の手立てを含め、吉川栄治記念館等の取得が私の考えです。

コメントをどうぞ