profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

雨降りの日曜<3月3日>

桃の節句の3月3日は、あいにくの雨だが、吉野梅郷の梅まつりに行く
梅の公園は、露店もシートが掛けられ有料駐車場も無人だが公園内に
郷土物産店や吊るし雛が飾られている一角は、若干人が集まっていた。

中道梅園で地域グルメ展があると聞き,道すがらの途中「きもの博物館」に寄る
昨年も行ったが、案内の方に丁寧な説明や四季ごとの展示品入れ替えなど伺う
中道梅園までは、スタコラ歩いて7・8分程度、丁度良い道のり
現地では、仮設テントで地域農産物や市内の物産等販売していた。
旬の「フキノトウ」など購入、顔見知りの販売員やボランティアの方達と談笑する。
梅まつりは、約1か月間行われ雨降りの日曜に行ってみたが、予想通り皆さん親切に対応して頂いた。

帰り道、即成寺で「吊るし雛」展を行っていると聞き行ってみる。
「吊るし雛」は、以前観光地などで、見た覚えがあったが、じっくり見たのは初めて
野菜や動物など色々なものを立体的に創る芸術作品であった。
また、午後は、青梅市民センターでの将棋大会に参加、一局打って帰ったが楽しいひと時を過ごす。

まだ雨が降り続いている夕方、市内の繁盛店に行く。
そこは、大門・新町・野上の地域境にあるお店で、外に駐車誘導員数名が車の誘導をしてくれる。
レジは、大変混雑10数名が並ぶ有様の「お菓子屋」さん、こんなに混む店があるんだと感心する。
定員さんに聞いてみると、桃の節句だからとの答え。
客層は、若い方が大半だったが、節句を祝う慣習が今も根強く残っていることが解った。

コメントをどうぞ