profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

同級生<1月30日>

早いもので今日は30日
夜、田作り会の新年会が在り参加する予定。
この会は、市内2小・2中出身の市職員やOBの親睦会
そこに私と久保市議、市長も同校出身ゆえ、参加させて頂き概ね30名が、和気あいあいと催しを楽しむ。

私は、この会に3・4回参加、現職の方を始め随分多くの方が居ることを気付かされた。
小中学校の同窓とは、面白い間柄で、校舎や先生、地域とともに学校生活の中での共通点が一杯在り、話が尽きない関係でもある。

学校を卒業し53年、半世紀以上経ってしまったが、今でも同級生とは、おい・おまえと気楽に話せる。
その時代は、中身が濃い関係だったのだろう
私の時代は、一寸減り一クラス50人程で5クラス、したがって、3百人弱の同級生がいる。

また、この頃私は、毎日数十件の家庭などに伺い、市政報告など配布の傍ら近況や諸課題等をお聞きしている。
税金や生活、高齢者向け施設、市民ホールなど、様々な行政などへの思いを聴く。

そんななか、ある駄菓子屋さん80歳代の女性店主は、数十年この商売を続け、今市内に同様の駄菓子やは何件もないのでは?と話す。
少年少女がお得意様、その親が子を連れ来店、「おばさん私のことを覚えているか」?
その些細な会話など、商いを続ける生きがいになっていると聞く
また、私が始めてあった方は、友人との会話で私のことを話題にしたと聞き驚かされた。
よく聞くと、その友人は、50年以上前のクラスメイトだった。

コメントをどうぞ