profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

説明会<8月18日>

今日午後3時から、市役所2階会議室で、青梅都市計画青梅駅前西地区地区計画(原案)・青梅都市計画青梅駅前地区第1種市街地再開発事業(原案)説明会に参加した。

説明会場への参加者は、私を入れ12名であった。
この青梅都市計画青梅駅前西地区の地区計画は、jr青梅駅前の一角を占める0,5haの原案である。
地区計画の目標には、jr青梅線の駅前として、良質な駅前空間・駅前環境の創出や商業や住宅等が高度に融合する複合型居住施設を誘導し、青梅の顔に相応しい駅前空間の再生及び複合市街地を形成とあります。
簡単に言えば、河辺や福生などと同様な1・2階を店舗などとし、その上にマンションを造れるようにする。
今までも、建蔽率や容積率等から計画される建物建築は可能である。

また、建築物等の整備の方針としては、商業と住宅等が高度に融合する複合市街地を形成するため、歩行者空間の確保や良好な街並み形成など決めている。

この説明会で参加者からの質疑は、理由にある青梅らしい駅前空間から、高さ制限を厳しくや近隣地区から買い物できる環境整備、青梅停車場線(都道)を使いやすく等の意見があった。
青梅らしさは、人によってさまざまな意見があるだろうが、緑の山と多摩川を活かした玄関口としての佇まい、jr青梅線青梅駅以東の駅前同様な高層マンションで良いのかなどの意見も個人的に聞いている。

また、スーパーなどの出店に関しては、準備組合に伝えるで留められた。
青梅市も地権者で在り、組合構成員となりその旨内部から調整も考えられるが、構成員とはなって無く、その理由は所管外で解らぬとのこと

また、道路(都道)については、開発済であることから、そこは手を付けない。
しかし、0,5haの半分近くを占める都道部分、蚊帳の外なのにどうして計画範囲に入れたか?定かでない。

これが説明会の概要だが、市役所5階で計画書の閲覧ができ、それに付いて意見も募集中。
今回の地区計画説明会は、青梅の玄関青梅駅前であることから旧青梅の一部地域だが、町全体の将来を左右すると考えられ、興味ある方是非見て下さい。

コメントをどうぞ