profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

金毘羅様<4月9日>

永山公園内に在る青梅金毘羅様では、月並祭を毎月9日夜に宵宮祭、10日の昼の例祭、かれこれ10年続いている。
最初の4・5年は、宵宮祭後に宮司役の斎藤先生が青梅にまつわるよもやま話・文化講座を拝殿で行っていた。
古事記や論語、町内文化や街並みの歴史、時の世相や政治など

昨日久しぶりに宵宮祭に行った。
元旦のご来光と元旦祭、2月の祭りと3・4月の宵宮祭で今年4度目
斎藤宮司役夫妻は、全て出席も私たち氏子役員、だんだん足が遠のき時々になってしまった。
世話役の本橋さんや若林さんは、事前の準備を今も手伝って頂き。近年、濱田さんや中島さんが毎回参加、昨日の参加者は、女性が多く2人のお子さん連れを含め総勢11名が参加した。

そこで、中島さんから青梅の街なかに以前、梨の木があった話が
宮司役を終えた先生は、江戸から明治・大正・戦後にかけて青梅の街中には街路樹があり、青桐や梅など軒先に植えられ、それぞれ目印や家宝としてなど大切にされ、幼少の頃何本か木を見た想い出や玉川日記にその風情が見事であった記述や大久保長安が創ったとされる街並みが素晴らしく彰義隊が陣地に考えたなど話が広がる。
また、梨の木は、実が固く石梨では?や、今は無いが当時の面影が偲ばれる話で盛り上がった。

以前は、毎回このような話を宵宮祭後行い、金毘羅様が地域の文化サロンであった復活を目指していた。
春から秋まで天気の良い日は最高だが、拝殿は、隙間風や雨漏りなど冬は寒く夜道も暗い、風情を楽しむ苦労に勝てず、時々となってしまったが、先生も元気で居られサロン復活を考えている。

コメントをどうぞ