profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

プロ棋士<8月1日>

青梅駅前の碁会所「天元」で腕を磨いた「佐藤優太」君、今プロ棋士の卵として関西棋院で活動している。

偶然 「天元」で会った。本物のプロ棋士になるのには、まだ本棋戦で20勝しなければならないと話す。

青梅で生まれ育った囲碁の男子プロ棋士、多分初めてではないかと思う。

東大卒は、市長を始め数人存じてはいるが、それ以上に難関な道を歩み、本懐を遂げつつある佐藤君に敬意を称し、また 同時に3カ月位だが教えて頂いたことを誇りに思う。

今後の活躍を期待します。皆様方も応援をよろしくお願いします。

昨日の日曜日は、ソフトボール大会の準決が雨のため14日に延期、新町の友人から将棋大会に誘われ、私と同レベル10名の総当たり戦を河辺8丁目の飲み屋で行う。

私の将棋歴、子供のころからよく将棋をやった(指した)今は無き卵売りのタケさんなどから教わる。

タケさんは、子供のころ日本脳炎にかかり卵売りをしているのだと母親から聞く。相撲が強く、何故か将棋がうまかった。タケさんが来るのを待ち遠しく思ったことを今も時々思い出す。

タケさんの母親と私の母が兄弟であったこともあり、よく千ヶ瀬に来た。大きな体で自転車に乗り、卵の入った籠を下げ何時も元気一杯働いていた。

私の長男も生まれつき心臓が悪く、その影響か知能も遅れている。その子も30歳を過ぎ子育て期間も過ぎたと思われがちだが、体が大きく年もとったが、その(子育て)最中で暮らしている。

タケさんと接したことが自身の子育てにも少なからず影響している。

タケさん亡くなってから30年位経つのか、旧盆にでもお墓参りに行ってみよう。

コメントをどうぞ