profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

9月議会<9月5日>

昨日4日より9月議会が始まる。
9月議会は、前年度の決算審査が主な議題となる。
行政と民間企業との大きな違いは、計画・実施・検証・見直し作業の一連の動きPDCAサイクルを、予算審議が3月、決算審査が同年9月、1年間の空白期間がある。
また、庁内の次年度予算編成等がこの時期より始まることもあり、スピードがなおのこと遅くなる。

議会初日は、市長から各議案の上程などの後、議員の一般質問が始まる。
私は、2日目の今日行った。
タイトルは、「産業振興と地域経済活性化を担う行政の活性化」を問うである。
趣旨は、住民福祉の更なる増進と市の財政健全化を目指すため市税増を目論むには、産業振興と地域経済の活性化が唯一の策ではないか、その推進についてである。

今日の午後一に行ったが、市内自治会連合会役員の方々が傍聴に来られた。
市の財政状況は、少子高齢化や人口減少時代に入り働く人の減少など市税の減少傾向があることと、歳出面からは社会福祉関連や施設の維持管理などの増もある。
また、運動場や社会保険料等、使用料の見直しや増税を行い、これらは苦言の基にもなっている。
そのような状況の打破、解決策にタイトルの質問を行ったのだが、市の体制と指導力等課題が沢山ある。
一気に解決とはいかないが、部課長の中でも認識を同じくする方もいるので、今後も継続していく。
今日までに、一般質問者の10名が終わり、あと5名である。

コメントをどうぞ