profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

議会<11月30日>

青梅宿の1大イベント2012青梅宿アートフェスも25日に無事終了。
翌日の26日からその片づけや残務整理を速やかに行う中、27日には、私の所属する西多摩衛生組合議会の定例会が開催された。
今議会は、23年度の決算が主な議題、通年との違いは、震災やそれに伴うガレキ受け入れなどによる放射能やダイオキシンなどの計測その検証結果とそれに伴う検査費用などの入出金が事業報告と決算報告書に記載されその審議が行われる。
震災ガレキの受け入れ量については、現地での処理施設の稼働などにより、予定より若干少なくなっている。
また、工場近辺の各種汚染物質検査は、通常値と変わらない範囲で推移している。

議会終了後、全員協議会で工場の延命措置について説明があった。
通常ゴミ処理施設は、25年から30年稼働できる。
その年数になる前に今後の方向性を考える必要から説明が行われた。
新たに工場新設か延命措置を施すかの判断と、どちらも多額の資金がかかることから、その準備を行うわけだが、方向性として10年+10年の50年稼働できるよう延命の方向で準備を進める。

西衛議会終了後、青梅商工会議所60年記念式典後半の部に出席。また、7時から青梅市民会館で行われた前原(民主党)氏の演説会に行く。
衆議院選もまじかに迫り、乱立する政党など、市民はどの党が自身の考えに沿うか非常に難しい選択をする必要があり、その点からも前原氏の言動に興味があり公聴に行く。
私の感想は、政権与党の重鎮の発言と言うより、自民党一派閥の首領が頭角を現した程度に聞こえた。

29日からは、青梅市議会定例会が開催。
今議会冒頭の初日、第6次青梅市総合長期計画が上程され、共産党市議団2名の反対があったが議決された。

コメントをどうぞ