profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

リーダー<8月31日>

津雲邸についての会議に出席した。

津雲邸については、過去議会でも取り上げられたが、6年ほど前、新たにその取得に向け動き出す。
I氏を中心に、津雲邸取得に関し9000名強の署名集め、また、その必要性や価値の高さを訴え陳情書を提出、行政に取得に向け動くよう働きかけた。

その結果は、議会で趣旨採択「どっちつかず」で宙に浮いた状況が今日まで続く。
だらだらと6年もの間、進展のないままでは所有者もしびれを切らす。
私は、立ち上げ時I氏に協力、しかし、議員となり諸々の理由により第1線から遠ざかっていた。

本年この事態に業を煮やした街のリーダーから、この問題の終決の依頼、そこで今日の会議に出席。

この課題は、行政の対応や所有者の意向を的確に捉え判断することと同時に、戦略を練り主導する団体として責任を持った対応策を打ち出す事で打開策が生み出せると考える。
まだ、不確実な部分が多すぎるので詳細については記述しないが、進展するよう尽力する。

街のリーダーについては、成熟した民主主義社会の弊害と思えるリーダー不在の昨今、大阪府知事のカリスマ的主導が話題を集めている。
民主的に事を進めるのは当たり前。しかし、それに捉われ過ぎるとスピードや方向性を見誤る事にもなる。
行政も同様、市長・総理を含めリーダーの資質が問われる時代である。

コメントをどうぞ