profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

日課<8月17日>

今朝は、昨晩の激しく降った雨も止んたが、駅前ベンチに誰も居なかった。
昨日記述した解体途中の旧電気屋さん、一寸覗いたら一階も解体が終了、残骸だけが高く積まれていた。

妻の介護主体の私の生活パターン、2ヶ月経ち、ようやく決まってきた。
私は、一週間と思っていたがである。
それは、何と言っても 全ての責任と介護方法や効果など、実体験を通じ知る事が多かったから
現在の方法等が、ベストでない事も承知、色々な方のアドバイス等で、追々改善していくが、とりあえず決まってきた。

一日の私のスケジュール起床は、概ね午前1時前後、妻をトイレに行かせ1時半頃、車で家を出る。
5分程で駐車場に到着、駅周辺を通り事務所に、最初にブログ更新を行い、次いで市民や団体からの要望などの整理や事務作業を。
4時には、新聞朝刊も配達され30分ほど目を通し、自分の身支度、シャワーや洗濯(全自動)をする。
5時半前後、事務所を出千ヶ瀬に、そこで、掃除などの家事作業を行い妻を起床させる。
妻への朝の介護と朝食づくりに1時間程かかり、7時のTVニュースを見ながら食べる。
その後、週3回あるデイ等に行く準備、健康チェック表記載や持ち物を揃えるなど、この一時間程が一番忙しい
その後、今は、夏休み、隣に住む孫の勉強の手伝いを8時から9時の一時間充てる。
9時半前後、介護施設からの迎えを済ませ、10時までに再度事務所に行き、その後、日常の作業、主に役所や商店街に係ることを行う。
昼食など済ませ事務所は、今クーラーが故障中、3時頃までには色々な道を歩いて家に戻る。
4時半前後に妻が帰宅、その後は、洗濯(朝夕2回)と食材の買い物を済ませ、6時頃夕食、7時には妻を就寝させ、私も9時までには寝る。
これを週六日行い今月は、木曜を私の定休日に充てている。

このような日課だが、気付いたことは、沢山ある。
先ず家事だが、洗濯は簡単だが天候に左右される。また、日々食材の買い物、これも悩む
介護で気付いたことは、紙おむつの充て方が解ったことが大収穫、また、女性用の衣料品購入も慣れ、何と言ってもリハビリで、立たせた時、スクワットをさせると歩き方に変化が、また、優しく話を聴き話すなど慣れてきたなど沢山ある。
行政の支援策は、まだ、検証段階だが住民税納税による補助の違いなど、また、ケアマネージャーとの調整や施設の取り組み、ヘルパーさんの活用など、また、介護者本人や家族の立場から考えた策など、現在、実体験を通じ調査中である。
しかし、以前の母への介護と比べ現在は、全て責任持った対応・対処で、単なる手伝いと大きく変わるが、手伝って頂ける方が居ると大変助かる事も気付く。

コメントをどうぞ