profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

祭り準備<4月30日>

青梅大祭を明後日に控え、街の中を行きかう地域の人達もあわただしく見える。

気になる天気予報、3日までは晴れてくれないかと願う。

店(ハイカラや)前も本町区祭礼幕を張り、提灯や電気などの準備や当日の衣装用意も済んだ。

本町区祭礼幕7.8年位前から手書きで創っている。現在は、自治会館(拍子木役所)など数か所に掲げている。

未晒木綿広幅を使い上下左右をかがり「ち」を付ける。単純な作業ゆえ私は飽きるので手伝ってもらった。手書きの家紋をポスターカラー出で描き、名などを書き加え出来上がる。

住吉例大祭が賑わう要因の一つ、各町伝統を重んじたしきたりがある。この大祭は、住吉神社氏子町各々の意思で執り行われている。例えば本町区、本年度の大祭を行うか否かを問うところから準備が始まる。

また露店、昔から祭礼にはつき物、出し物(催し物)・香具師(露店商の数と種類)・人出(人足など)を役所に申し出許可を得たらしい!したがって、祭礼には欠かせぬ所以である。

露店商の暖簾や提灯、本町区の幕も山車曳航のさいのバックとして、祭りの雰囲気を醸し出すのに一役買っている。

S先生の堤案を、こんな形で良いのか試行錯誤しながら作った。最初のとは出来栄えは大きく違う。金刀比羅宮の幕が現在のところ最後に作った幕である。

S先生との会話は弾む、町内境の幟も復活出来たら良いな?この祭が古式に則った様式を復活させ継承できたら地域文化としてなお一層誇れ価値あるものに成り得るなどと話す。

事前準備の締めくくりに駅前ロタリー内草刈りを行い、明日からの作業を含めた祭り本番に備える。

コメントをどうぞ