profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

補正予算審議等<12月13日>

昨日は、補正予算、全協が午前中に、午後、2つの特別委員会が開催
私は、東青梅一丁目諸事業用地等利活用特別委員会に所属出席した。

補正予算は、今夏の台風による復旧や新規に自宅等のブロック塀改修補助制度(道路に面するや補助上限などがある)による予算案を審議、委員会では全員賛成であった。

全協の主な質疑は、今井インター周辺再開発事業推進に向け部を新設する。
また、それに伴ってなど若干の組織替え
花と緑の協会が今年度、無くなることから、そこで行ってきた事業の継承部署についてなどの説明を受け、質疑を行った。

私の所属する特別委員会では、構想を基に業者などから仕様等の提案を受けた途中経過の説明
提案者の数が3社とのこと、この事業を実施するにあたっては、民間事業者との連携が必須から参入希望業者の現状と今後の推移を伺う。
内容(仕様)については、構想実現に向け、ホールの平土間式が内定も白紙状態と言っても過言で無い状況で国の機関の併設等も構想に在る。
したがって、施設建設・運営に参画する民間業者の参入や意向、市民からの提案等の導入など、重要な課題と言うより基本の処が決まっていない状況が明らかとなる。
報告としては、今日の処この程度。

また、青梅駅前再開発事業に伴う、地区計画に係る市民からの意見募集(パブリックコメント)結果報告で、コメントが無かったについては、関心が無いのか?広報の仕方・期間などに問題が無かったかなどの質疑があった。
急遽パブコメを実施した経緯の質疑には、国の補助制度を活用するにあたり当該地域の地区計画が市の条例に基づく必要からで、制度の理解が足りず急遽実施の反省の弁を述べる。

一方の青梅総合病院建設特別委員会の内容は、昨日の時点では解らず後日記載する。
青梅市議会12月議会も18日の本会議を残すだけとなる。
それまでの間は、担当委員会の委員長報告作成や所管外の委員会採決の内容等の調査を行い賛否を概ね決める。