profile
1950年12月20日生まれ
青梅市議会議員
趣味:ソフトボール、囲碁、将棋

<挨拶/市議としての考え方・心構え>
私は市議の役職を
・「課題を一緒に考え行動を興す」
・「市民の要望等を行政に伝える」
・「市政のチェック」
と大別して三項目と捉え、支持者の意向を尊重した行動をしています。
>>>続きを読む

青梅商業協同組合(元理事)
青梅大祭実行委員会(街商・環境担当)
青梅だるま市保存会(街商担当)
青梅懐かしの映画上映委員会(元委員長)
日本会議(全国組織)監事
金刀比羅神社崇敬会役員
将棋連盟顧問
過去の記事

政<4月5日>

118人都内での感染者数がとうとう三桁に、また、政府は、緊急事態宣言は保留しつつ検証中の治療薬アビガンを200万人分確保、5本柱の経済対策原案を作成と今朝の読売新聞に載っていた。
市民の皆様は、様々な対策要請にそれぞれ強い思いがあると思われます。
自分や家族、地域の方々などに迷惑が掛からぬようマスク着用始め、人込みに行かない、場を作らないなど個人でできる対策を講じています。
また、政府や行政等の施策に対し、早くや異なった方法をなど意見も多々あるのではと推測します。
市議も同様、市民意見を代弁して行政に伝える役割を担っている。
しかし、地方行政の出来得る範囲、決めごと(リーダーシップ)から、歯がゆい結果となっていることも否めない。
それは、地方行政の在り方本質に繋がり、慎重に捉えているのでは?また、現在議会休会中、こんな緊急時こそ、この問題に特化した委員会などの開催が必要と私は考えています。
そんななか、地域経済特に観光や商店街の実情把握と金融機関に特例融資制度の仕組み等の調査を行い当該事業主への伝達を視野に活動やマスク調達など行っている。

今日は日曜の早朝、何時も海外で行われるゴルフ中継を見るが、今は何もやっていない。
そこで今日は、BSで一寸変わった番組を見た。
それは、再放送の様だが、スピリチュアル ジャパンと言う、外国人から見た日本の文化体験
高千穂の神楽や蘇民祭など15分刻みで6編程やっていた。
外国人から見た日本の風土や信仰心、文化がどのように映っているか?答えが様々で楽しく見れた。

青梅金刀比羅宮を見守役の私の考えは、海運や本町地区の氏神様など信仰心が薄くとも、その政を行う姿を後世に伝え、それは終息するは簡単だが、数百年続いていた儀式故、何代かを経て決めることを良と考えるから。
事の起こりは、元市長の故田辺氏から、あの世で先輩諸氏に話が出来るよう何としても金比羅様の再興を
JRなど多くの方の支援を受け再興を果たし10年に、月次祭を始め元旦祭や節分祭など年十数回金刀比羅宮では、神事とサロンを開催している。
神官役の斎藤先生もご高齢になり、この先いつまでの危惧もあるが、姿かたちは変わっても存続を考えている。
月次祭は、毎月9日夕方6時前後より永山公園上(うえ)の社で開催、どなたも自由に参加できます。
サロンは、身近な題材、市史や文化歴史など、疑問にも答えられる場もあり、和気あいあい1時間ほどで終了する。